キッチンの敷物、はいまたはいいえ?

カーペット付きのキッチン

私たちのキッチンのカーペットは珍しいですが、この記事を説明するために選択された画像を見た後、複数の人がカーペットを組み込むことを検討します。 を配置するのは良いか悪い考えですか キッチンのカーペット ? 購入を開始する前に、その長所と短所を分析します。

テキスタイルは暖かさを追加します スペースに、部屋をより快適にします。 それは疑いの余地がありません。 しかし、美学だけに基づいて決定を下すことはできません。 機能的で実用的な機能もあります。 そして、いいえ、少なくとも今のところ、これは敷物にノーではありません。

審美的に、台所の敷物への賛成は響き渡っています。 空間に暖かさを提供することに加えて、彼らは私たちに役立ちます さまざまな領域を区切る 同じように。 最も一般的な提案は、カーペットを使用してダイニングまたは作業エリアを区切る提案です。

カーペット付きのキッチン

火と流しの領域では 複数のスリップを避ける そして、もしそれが木でできていれば、その地域の土壌をひどく傷つけて、より良い状態に保つのを手伝ってください。 このエリアでは、オフロードで洗える耐久性のあるラグを使用します。 少なくとも毎週、定期的に洗濯機に入れる必要があることに注意してください。

カーペット付きのキッチン

食堂エリアでは、ストーブから比較的離れているとメンテナンスがしやすくなります。 それでも、使用することをお勧めします パターン化またはパターン化されたラグ 汚れが目立たないように刻印されています。

カーペット付きのキッチン

確かに、キッチンにラグを置くというアイデアは、その「短所」とその経済的コストに対処するのがどれほど快適かによって異なります。 美的には、モダンであろうと素朴であろうと、特定のキッチンに付加する価値は否定できないと思います。 写真を見て賛否両論を読んだ後、あなたは思いますか 良いアイデアか悪いアイデアか?


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。