壁を装飾し、それらに個性を与えるためのファブリック

壁の生地

ラス 布張りの壁 彼らは長い間、贅沢と富の象徴でした。 今日でも、古い宮殿や風格のある建物で、ダマスク、シルク、ブロケードで装飾されたものを見ることができます。 それは当時広く使われていた技術であり、今日もまた関連性があります。

部屋にキャラクターを追加する場合、室内装飾は壁紙やペイントの優れた代替手段です。 単一の壁から一体型の部屋まで装飾できるため、 オリジナルで温かみのある仕上がり 滞在する。 重要なのは、私たちの目標を達成するために最適な生地を選択する方法を知ることです。

壁を装飾することの利点

壁の生地は、部屋に個性を加えるための壁紙やペイントの優れた代替品です。 それらは、部屋に優れた断熱性と特定の美観を提供するために、あらゆるタイプのインテリアデザインプロジェクトで使用できます。 その使用は持っています 複数の利点:

壁の生地

  • 彼らは不規則性を隠します 壁の表面。
  • 彼らは良いを提供します 断熱。 断熱材の種類がないとき、生地は部屋に暖かいスクリーンを作成しました。 今日、それらは断熱材として機能し続け、部屋の温度、したがって寒さと熱の感覚を調整するのに役立つバリアを作成します。
  • 彼らが提供します 遮音。 布張りの壁は音波を吸収することで残響を低減します。 これにより、家の中でエコーが消え、音楽を聴いたりゲストを迎えたりするときに近所の人が騒音を感じるのを防ぎます。 また、レストラン、作業エリア、劇場、映画館、映写室など、周囲の騒音が発生する場所に最適な、エコーを低減するさまざまな音響ファブリックもあります。
  • 水分を安定させ、促進します 暖かい雰囲気。
  • 彼らは個性をもたらします テクスチャ、モチーフ、または色のコントラストを通じて部屋に...壁の装飾は、他のリソースや装飾要素と組み合わせることもでき、洗練された、素朴な、ミニマリストなど、非常に異なるスタイルの環境を作成する可能性を与えてくれます...

生地の種類

すべての生地が壁の装飾に適しているわけではありません。 その構成、そのプロットと あなたの振る舞い 壁を装飾するときと後での両方で、最終結果に影響を与えます。 選択した生地が私たちの壁を覆うのに適していることを確認するために、専門店に行くのが最善です。

一般的に、理想は検索することです 耐性のある生地、洗えるしわになりにくいです。 丈夫な帆布、洗えるリネン生地、合成繊維は、寝室、居間、廊下など、私たちの家のさまざまなスペースをドレスアップするのに最適です。

布張りの壁

天然または合成? 天然素材は一般的に、合成素材よりも柔らかな手触りと通気性があり、夏は涼しく、冬は暖かくなります。 一方、合成繊維はより耐久性があり、メンテナンスが簡単です。 汚れは、乾いた状態で行う必要がある天然の布地とは異なり、濡れた布と少量の中性洗剤で拭くことができます。

壁を装飾するための最も人気のある生地は次のとおりです。

  • ジュート。 ジュートは丈夫で自然で用途の広い生地で、室内装飾に広く使用されています。 部屋を外部ノイズから隔離し、湿気から保護するために長年使用されてきた素朴な生地。 成形性に優れているため、壁にも馴染みやすい生地です。 それはただ一つの問題を提示します:それは何度もその形が変わり、あなたが最初にそれを見たのと同じように壁に見えません。
  • 帆布と帆布。 キャンバスは、直接接着、釘付け、またはホッチキスで留めることによる壁装材に常に広く使用されている材料です。 たまに石鹸スポンジで洗って、水に浸かることなくすすぐことができる生地です。 それらの色は通常無地であり、色あせのリスクはありません。
  • リネン生地。 リネンはホコリをはじく耐性のある生地です。 さまざまな色合い、テクスチャ、パターンで見つけることができます。 それは他の生地に比べて大きな利点があります、そしてそれはそれが他の天然の生地より広いフォーマットで提示されるということです、それは壁がより良い方法で覆われることを可能にします。 通常、バテンに配置されます。
  • ニスを塗った生地。 ニスは生地に素晴らしい表面の規則性とサテンの色合いを与え、それらを非常に面白くします。 それらは湿気に対する保護を提供し、簡単に汚れません。 また、引っ張っても変形しないため、釘付け、ホチキス止め、接着が簡単にできます。
  • 合成繊維生地。  それらは天然繊維で発生するような腐敗の影響を受けず、これらを模倣することができ、それらに勝る別の利点を提示します:それらの容易な洗浄。 洗濯できる生地です。

布張りの壁

壁を装飾する方法

壁の生地はいくつかの方法で敷設することができます: フレームに接着 またはパネルの形で。 接着布は、壁に直接配置される壁の布地用に設計された布地であり、英国の布地で発生するようにテキスタイルをホチキス止めするための木製フレームは必要ありません。

室内装飾壁

どちらの方法を使用するかが重要です 壁を準備する 問題を特定できる湿度がないことを確認してください。 後でエッジを使用して接着されたファブリックのエッジを非表示にし、よりエレガントな効果を実現するために、幅木を取り外すことも興味深い場合があります。

理想的には、布のロールを壁の垂直位置に置き、前方に移動するときに、布を緩めて壁に接着します。 接着された生地を正しくグリップするために、手またはヘラで生地を押すことをお勧めします。 それを過度に強調することなく。 覆われている壁に窓やドアがある場合、それらはもうXNUMXつの壁であるかのように裏打ちされ、後で各壁の端がスパチュラで再び平らになり、開口部(窓)の端、角度、周囲で布をカットしますとドア)。


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。