スサナゴドイ

幼い頃から本や言葉が私の心の中に物語を紡ぎ、それが私に教師になるという夢を与えました。その夢は、英語文献学の学位を取得したときに実現しました。人生の中で、それぞれのテキスト、それぞれの詩が私を教えることに近づいた段階でした。しかし、人生には予期せぬ転機があり、私の心は空間を変える芸術、つまり装飾に第二の故郷を見つけました。教えることは常に私自身の一部ですが、私が真の天職を見つけたのは装飾の中にあります。これは私にとって、成長し、革新し、創造性の限界を押し上げる挑戦となる分野です。そして、カラーパレットとテクスチャーの中で、私が本当にくつろげるのはここです。